赤ちゃんっていつからしゃべるの?接し方のコツなど

赤ちゃんが生まれると、早く何か話すようにならないかな?って、
楽しみな気持ちになりますよね。



今回は、赤ちゃんがしゃべり始める時期や、
しゃべりやすくためのコツなどについていろいろ書いてみましたので、
よかったら参考にしてみて下さい。



Sponsored Links

赤ちゃんがしゃべるのはいつから?早い方が賢い?


赤ちゃんがしゃべるようになるのは、
生後半年位から「まんま」とか、「まー」など、
言葉ではないけど、何かをしゃべるようになります。

 

 

 

一生懸命、話そうとしている姿はより愛らしく、
ママやパパはもっと話してほしいと、感じると思います。

 

 

 

生後1歳頃には「ママ」や「パパ」と、
少しづつ聞き取りやすくなるようですが、
その子供によってもバラバラで、
2歳になっても単語をあまり言わない子もいるようです。

 

 

 

言葉を話すだけで、ママやパパにとったら嬉しいですよね。

 

 

 

成長すると今までとは違い、
少しづつ赤ちゃんの言葉も聞き取りやすくなり、
今は怒ってるとか、楽しそうといった気持ちが伝わりやすくなります。

 

 

 

言葉を早く話せるようになる方がママやパパにとったら嬉しいのですが、
なかなか難しいです。

 

 

 

早く話せるほうが賢いのかと思いますが、
そういう訳でもないようです。

 

 

 

いずれは幼稚園や学校に通うので、
そこまで神経質にならなくてもいいと思いますが、
東大に受かった人のお母さんの話を聞いていると、
「子供が1歳になると言葉は上手く言えないけれど、
「あ」がどの文字が指でさせるようになっていた。」と言われていました。

 

 

 

文字が分かると、絵本を読んでいても、
よく見たり聞いたりするようになったようです。

 

 

 

その子供が何に興味があるかや、
何が好きか、何が得意かにもよりますが、
早く話せたり文字が分かる方が色々な事を理解する能力は高いですよね。




ところで、
「赤ちゃんがしゃべれるようにどうしたらいんだろう?」と、
赤ちゃんのためにできることをしてあげたいと思うママも多いと思います。



そこで、赤ちゃんがしゃべれるようになるのに効果的な方法を
実際のケースを踏まえながらお話ていきます。




次のページにつづきます!




Sponsored Links

コメントを残す