赤ちゃんのお風呂はいつから?上手に入れる方法も!

赤ちゃんが生まれた時に、
どうやってお風呂に入れたらいいのか迷ってしまう人は、
少なくないと思います。




赤ちゃんなので、いろいろ気を付けてあげないと、
危ないことが多いので、
お風呂の入れ方はとても大切になってきます。




そこで今回は、赤ちゃんをお風呂の入れる時の注意したいポイントや、
コツなどについてお話しようと思います。



Sponsored Links

赤ちゃんのお風呂はいつから?



赤ちゃんを生まれたその日からお風呂に入れるというのは、
もちろんできず、入浴できるように時期があります。




なのでまずは、赤ちゃんをお風呂に入れる時期についてです。




赤ちゃんをお風呂に入れるのは、
首が座ってからが安心ですね。

 

 

 

それまでは台所や洗面台で沐浴する方が安全です。

 

 

 

赤ちゃんは汗っかきでオムツかぶれなどもしやすいので、
お風呂は毎日入れる事が大切ですが、
初めて沐浴する方や赤ちゃんが生まれたばかりでは、
お風呂に入れるのはとても大変で、注意しないと怪我に繋がります。

 

 

 

 

浴槽につかれるようになるのは、
生後3か月以上たってからの方が安心です。

 

 

 

また、その際にはママやパパが抱きかかえて、
入れるようにしないと口や耳にお湯が入って危険なので、
注意しましょう。

 

 

 

赤ちゃんの入浴は気を付けていないと、
思わぬ事故に繋がります。

 

 

 

足がついたり、歩けるようになったとか、
「立っててといったら言う事を聞くようになったから。」では、
お風呂の中で転んでしまう場合もあるのです。

 

 

 

子供は色んな物に興味があるので、
手をのばそうとして滑って転んだり、
お湯の中に頭を入れてしまって
自分で出れなくなるなど恐ろしい事故もあります。

 

 

 

その為、子供とお風呂に入る時には細心の注意を払いましょう。

 

 

 

お風呂の床も滑りやすかったり、
硬い場合もあるので転ばないように気を付けましょう。

 





そして、赤ちゃんを実際にお風呂に入れられるようになったら、
どうやって入浴させてあげたらいいのでしょうか?




次では上手に入れてあげる方法や注意したいことについて、
お伝えしていきます。




次のページにつづきます!



Sponsored Links

コメントを残す