赤ちゃんの冬服はどうする?おすすめコーディネートを紹介!

赤ちゃんの冬服は何を着せたらいいのか悩みませんか?



赤ちゃんは話すことができないので、
「どういった着せ方がいいのだろう?」とか、
寒くないか心配になってきたりと、洋服選びも一苦労ですね。




そこで今回は、赤ちゃんの冬服についてママが気になることを
お話しします。



Sponsored Links

赤ちゃんの冬服【着せ方やコーディネート】



赤ちゃんの冬服はどのようなものが良いのでしょうか。
思いつく限り、挙げてみます。

 

 

 

1.【これ1枚で安心!】温かいつなぎ服

出典:価格ドットコム


温かそうなクマさん(?)、可愛いですね。

 

全身繋がっていて帽子や靴下、
手袋まで1枚で着れるタイプの上着があります。

 

 

 

こういったタイプだと、寒くても安心ですね。

 

赤ちゃんの様子を見て暑いようであれば、
中の洋服を少し薄手にしても大丈夫です。

 

 

 

部屋着の上からすっぽりと被れるので、
急いで外出しないといけない時には助かります。

 

 

 

また、色や柄を気にする必要なく、
それ1枚でも十分可愛いので、
コーディネートに迷った時にはおすすめです。

 

 

 

赤ちゃんの服選びも楽しいですが、
時間がない時にはサッと決めたいですよね。

 

 

 

そんな時には、
簡単に上から被れる「つなぎ」は重宝しますね。

 

 

 

 

2.ポンチョタイプ。


出典:
https://www.mikihouse.jp/store/SearchItem?CID=331%2C332

 

 

 

ポンチョタイプは、
上から寒い時にサッと羽織れます。

 

 

 

可愛いフードがついていたり厚手のタイプもあり、
見た目もとても温かそうに見えます。

 

 

 

また、カッパなど雨の日には、
ポンチョは大活躍です。

 

 

 

赤ちゃんが濡れないように、
帽子付きだと安心ですね。

 

 

 

ポンチョタイプでは手の周りが自由なので、
ハイハイなどよく動くようになってきた赤ちゃんには、
おすすめです。

 

 

 

オムツも確認しやすいので、
ママやパパもお世話しやすいのが魅力的ですね。

 

 

ポンチョは親子でお揃いの物も多く、
お揃いでコーディネートしてみるのも可愛いですね。

 




こういった市販の冬服も可愛いのが多くていいと思うんですけど、
手作りの服も愛情がこもっていて、なかなか捨てがたいです。





そこで、次は赤ちゃんの冬服を手作りしたい人向けに、
冬服の作り方のポイントをお教えしようと思います。





次のページにつづきます!





Sponsored Links

コメントを残す