赤ちゃんはいつになったら立つの?おすすめの練習方法はこれ!

赤ちゃんが立てるようになるためのおすすめの練習方法



赤ちゃんが立つようになるには何か練習方法があるの?と、
疑問を持つ方もいると思いますが、
基本的には赤ちゃんが自然と自分で歩こうとしています。

 

 

 

なので、「よし、立ってみよう!」といった事は、
しなくてもいいです。

 

 

 

 

赤ちゃんが立とうとする時に多いのが、
ママやパパの足につかまって立とうとするので、
その時に転ばないように気を付けてあげると良いです。

 

 

 

赤ちゃんの頭は重たくてバランスが不安定になるので、
すぐに転んでしまいます。

 

 

 

転ぶ時に頭をかばう事ができないので、
頭から思いっきり落ちてしまう場合もあります。

 

 

 

赤ちゃんの頭はまだ柔らかいので、
怪我をしやすいです。

 

 

 

なので、立とうとしている時は、
特に注意して見守ってあげましょう。

 

 

 

赤ちゃんが動く周りに硬い物や机の角がないかなど、
危険な事にはいつも注意しておきましょう。

 

 

 

 

机の角などは100均などにも、
売っているクッション性のカバーを付けておくようにしましょう。

 

 

 

赤ちゃんが転んでも安全なように、
床がフローリングの場合はクッションマットや
コルクマットを敷いておくと安心です。

 

 

 

赤ちゃんが安全に動けるようにするには色々と工夫が必用ですが、
100均などでも使える物が安く売っているので、
そういったお店の赤ちゃん商品のコーナーも見てみましょう。

 

 

 

他のお店で高く売られている物より、
100均の方が安いのに使い勝手が良かったり、
コスパが良い場合もあります。

 

 

 

色々とお金がかかるので、
そういったお得なお店での買い物も上手に利用しましょう。

 

 

 

赤ちゃんはつかまり立ちの時に、
ハイハイの形からお尻を上げるようにして
立ち上がろうとする場合もあります。

 

 

 

そういうところ見ると、
ママ的には一生懸命立とうとしているのが伝わってきて嬉しいですね。

 

 

 

始めて立てた時には、パパもママも大喜びですね。

 

 

 

 

パパとママが「立った!立った!」と喜んでいるのを見ると、
赤ちゃんも得意げになってまた立とうと頑張るようです。

 

 

 

立てた瞬間を写真や動画におさめておくと、
子供が大きくなった時にも見れるし他の人にも見てもらえて、
皆で赤ちゃんの成長を喜べるので記録に残しておくとよいと思います。

 

 

 

子供が立てた時の嬉しい気持ちは、
ずっと忘れないのではないでしょうか。

 

 

 

立つのが周りの子よりも遅かった場合はホッと安心しますよね。

 

 

 

立てるようになると、次はいつ歩くのかな?と、
次のステップにワクワクする気持ちでいっぱいになります。

 

 

 

赤ちゃんはあっという間に成長するので、
その成長の瞬間をなるべく逃さないように見ておきたいですね。

 

 

 

赤ちゃんが安全に生活できるように、
家のインテリアや段差、床のクッションなどは、
なるべく早くから準備しておくと安心ですね。

 

お片付けを通して幸せな家族生活を!

コメントを残す