赤ちゃんのひどい夜泣きはいつまで続くの?対策方法も

赤ちゃんの夜泣きはいつまで続くの?


赤ちゃんの夜泣きは1歳頃から始まる子もいれば、
1歳には終わる子もいてバラバラです。

 

 

 

怖い夢をみたり嫌な事があった日は2歳位になっても、
夜泣きしてしまう子もいるようです。

 

 

 

成長すれば何で泣いているのかを話せるようになるのですが、
生まれたばかりの赤ちゃんだと言葉も分からないし、
泣いている理由がママやパパにも分からなくて困ってしまう事もありますよね。

 

 

 

オムツを変えたり授乳をしたりしても泣き止まない時は、
ママやパパも疲れて寝てしまう日もあるのではないでしょうか。

 

 

 

抱っこをして泣き止んでも、
寝かせたらまた泣いてしまう時もあります。

 

 

 

なので、夜泣きの時はなるべく抱っこしないで、
お腹や頭をなでたりトントンと優しく一定のリズムで触ってあげると、
よく眠れるようです。

 

 

 

また、泣いていても暫く様子を見ると、
自分で泣き疲れたのか寝る時もあります。

 

 

 

なので、15分位は放っておくのも効果的です。

 

 

 

ですが、あまりにも大きな声で泣いていたり泣き続けていると、
近所の人が心配したり最近では通報する方もいるので気を付けましょう。

 

 

 

夜泣きが原因でご近所とトラブルにならないように、
なるべく挨拶にいったり、
コミュニケーションをとるようにしておいた方が安心です。

 

 

 

家賃が安いからと小さな部屋に家族で住むと、
周りが一人暮らしの方が多いような場合には苦情がきやすかったりしますので、
赤ちゃんが生まれる前に環境を整えておくようにしましょう。

 

 

 

赤ちゃんの夜泣き対策に便利なグッズ


赤ちゃんの夜泣きは、
成長するにつれて泣く回数も減ってくるはずです。

 

 

 

泣き声は成長するにつれて、
大きくより元気な声になります。

 

 

 

生まれたての可愛らしい動物のような泣き声も、
いつのまにか野良猫のようなたくましい声に変化しています。

 

 

 

赤ちゃんが泣くのは仕事と思って、
あまり思いつめない方がいいです。

 

 

 

夜泣きをいかにママやパパにとって早く泣き止ませるかが問題になってきますが、
効果的なのは赤ちゃんが興味がある音や音楽を聞かせる事です。

 

 

 

 

そういったオモチャも売られているので、
一度試してみるといいです。

 

 

 

 

赤ちゃんが絶対に泣き止むなど、
書かれている商品もあるので、試してみる価値はあります。

 

 

 

また、どうしても睡眠を邪魔されたくない場合には耳栓をするのも一つです。

 

 

 

耳栓をすると最初は慣れなくて寝にくいですが、
慣れると赤ちゃんの泣き声も聞こえにくく快適に眠れます。

 

 

 

夫婦で一緒に赤ちゃんと寝ている場合はどちらかは耳栓をしないで、
赤ちゃんの声を聞けるようにしておきましょう。

 

 

 

また、ご近所から苦情がくるような時には、
防音カーテンや赤ちゃんの部屋の壁や床にコルクマットなどを敷いて、
防音対策をするようにしましょう。

 

 

 

音の問題は神経質になればなるほど、
気になってくるものです。

 

 

 

なので、最初のうちになるべく対策をとっておくようにしましょう。

 

 

 

また、赤ちゃんなので泣くのは仕方ないので、
周りには理解してもらうようにお菓子を持って挨拶したりして、
分かってもらうようにしましょう。

 

 

何度も苦情を言ってくるようなクレーマーがご近所さんの場合は、
仕方がないので泣いてしまったら、
外に赤ちゃんを連れていく方もいるようです。

 

 

 

そうなると、大変なのでなるべくファミリーが住んでる所に、
引っ越しするのがいいです。

 

 

 

赤ちゃんの夜泣きは仕方ない事ですが、
いずれは夜泣きも卒業します。

 

 

 

なので、今はしんどいかもしれませんが、
いずれラクになると思って生活しましょう。

 

 

 

夜泣きがひどくて寝れないような時は、
ママもお昼に一緒に横になったり体力を回復できるように工夫しましょう。

 

 

 

兄弟がいてお昼寝できない時には、
子供を見ながら横になる時間を増やすだけでも、
大分ラクになります。

 

 

 

こうした工夫をして、夜泣きを乗り越えましょう。

お片付けを通して幸せな家族生活を!

コメントを残す