チャイルドシートは何歳まで必要?おすすめ商品と乗せ方について!

赤ちゃんが生まれると、車を持っている方にとって、
チャイルドシートは必需品です。




病院から退院して、車で赤ちゃんと一緒に帰宅する時から
早速チャイルドシートを使いますよね。




今回は、赤ちゃんが生まれると必要になるチャイルドシートについて、
書いてみようと思います。



Sponsored Links

赤ちゃんのチャイルドシートは何歳まで?


赤ちゃんって、
いつまでチャイルドシートに座らせないといけないの?
と疑問な方も多いかもしれません。





道路交通法によると、
6歳未満の子供にはチャイルドシートは使うように、
決められています。

(6歳って、もう全然赤ちゃんじゃないですね…)

 

 

 

なので、子供が小さいうちは、
万一の交通事故にも備えて、
きちんとチャイルドシートを利用するようにしましょう。

 

 

 

チャイルドシートに乗せていない場合には、
違反点数として1点引かれてしまいます。

 

 

 

子供の体調不良や怪我などの場合は仕方ないので、
違反には当たりませんが、
基本的にはきちんとチャイルドシートに乗せなくてはならないです。

 

 

 

チャイルドシートには、
乳児用、1歳から4歳まで用、
4歳から用と3種類位に分けられて作られている物。




その他に、1つで全ての時期に使える物、
4歳まで使える物などなど、
いろいろです。

 

 

 

何度も買い替えるのは大変だなと思う方は、
1つで使い続けられる物を探しましょう。

 

 

 

子供が2人、3人と増えても1人に1つ必用なので、
設置する時のサイズも注意して用意しておきましょう。

 

 

 

 

また、チャイルドシートは後ろの席に設置しないといけなくて、
万一の事故の時にチャイルドシートに乗せていた時と、
乗せていない時とでは全く状況が変わります。

 

 

 

事故に合わないのが一番ですが、
そういった時の為に備えておきましょう。

 

 

 

チャイルドシートには回転する物やリクライニングできる物、
椅子の部分だけ取り外して運べる物など色々とあります。

 

 

 

赤ちゃんが寝てしまった時などは起こさないように、
そのまま持ち運べる物だとラクですよね。

 

 

 

自分の使いたいシーンに合わせて選びましょう。







ところで、チャイルドシートって、
どんなものが良いのでしょうか?




実は、とっても使い勝手のいいチャイルドシートがありますので、
ここまで読んでいただけた方には特別にお教えしようと思います。





次のページにつづきます!




Sponsored Links

コメントを残す