赤ちゃん用ベビーニットは防寒効果ってあるの?編み方のポイントも!

ベビーニットは可愛い物がいろいろあるので、
赤ちゃんをそっちのけで、
ついつい欲しくなってしまうママもいるんじゃないでしょうか。



今回は、ベビーニットの防寒効果や編み方について、
いろいろ書いてみました。


Sponsored Links

赤ちゃんのベビーニットって、防寒効果はあるの?



ベビーニットには、可愛い動物の着ぐるみのような物や繊細なレース、
モコモコの暖かくて可愛いシルエットの物など、
赤ちゃんが着ると余計に可愛く見える服が多いです。

 

 

 

 

そんなベビーニットですが、
防寒効果はあるのでしょうか?

 

 

 

 

実際に赤ちゃんにニットのアウターを着せて、
外出してみると暖かくて、
しっかり防寒してくれていました。

 

 

 

いつもは上に沢山着せていたのですが、
ニットの場合は何枚も重ね着しなくても暖かいようです。

 

 

 

赤ちゃんもいつもはクシャミをしたり手足が冷たくなりやすかったのですが、
ニット素材のおくるみで包んでいると、暖かくて冷える事もなく、
気持ちいいのか気づいたら寝ていました。

 

 

 

ニット素材でもカーディガンやベスト、
アウター、おくるみ、帽子、手袋など様々な物があります。

 

 

 

それだけ赤ちゃんにとって、
暖かくて優しい素材という事です。

 

 

 

ニットのベストなどは、
赤ちゃんに着せるとオシャレに見えて、
ちょっとした外出の時に便利です。

 

 

 

生後半年位までは抱っこをして出かける事の方が多いと思いますが、
そんな時にはニット素材のおくるみなどがおすすめです。

 

 

 

 

おくるみは赤ちゃんを風や衝撃から、
守ってくれるので必用です。

 

 

 

 

寒い季節にはおくるみも、
そういった暖かい素材の物に替えるといいです。

 

 

 

他にも、赤ちゃん用の帽子や手袋もニット素材があり、
ウサギの耳がついた帽子や犬がついた手袋など、
とっても可愛いデザインの物が多いです。

 

 

 

出産祝いやプレゼントなど、
ニット素材の物を送るのもおすすめです。

 

 

 

特に、寒い時期やこれから寒くなる時には、
そういった物は嬉しいですよね。

 

 

 

赤ちゃんにもよりますが、帽子や手袋を嫌がる子もいるので、
一度被せてみて嫌がらなければ購入しましょう。

 

 

 

手袋は特に赤ちゃんが舐めたり、
よく触って気付かないうちに落としてしまっている事もあります。

 

 

 

なので手袋に紐がついている物だと安心です。

 

 

 

 

その際は首に紐を絡めてしまわないように注意しましょう。

 

 

 

赤ちゃんにとっては、
手袋や帽子は自分の手に届く物です。

 

 

 

その為、ついつい触ってしまうので、
しょっちゅう洗濯するようにして清潔にしましょう。

 

 

 

赤ちゃんがニット素材の服や小物をつけているだけで、
可愛くて思わず写真を撮りたくなります。

 

 

 

いつもの我が子がもっと可愛くなりますよ。

 

 

 

ニット素材の赤ちゃん用の着ぐるみなんかも売っていますので、
一度お店やインターネットで見てみるといいです。

 

 

 

思わずあれもこれも欲しくなってしまう位の可愛さです。

 

 

 

赤ちゃんのうちに着せられる物を着せて写真に撮っておくと、
思い出にもなるしその時期ならではの可愛さが味わえます。

 



このように、ベビーニットは赤ちゃんを冷たい外の空気から、
守ってくれる心強いアイテムですが、市販のものではなく、
「自分で編んだものを赤ちゃんに被せたい!」というママもいると思います。





そこで、最後にベビーニットの編み方について
お話しして締めくくります。



次のページにつづきます!



Sponsored Links

コメントを残す