北斗昌と佐々木健介が理想的な夫婦すぎる!二人の馴れ初めとか…

元プロレスラーで現在は二児の母である北斗昌さんと佐々木健介さんは、
おしどり夫婦で評判ですよね。



「良い夫婦関係を作るにはどうすればいいかな?」と、
考えていたら、二人のことをぱっと思い出しました。



二人が普段していることを注意して見ていくと、
旦那さんと上手くやっていくヒントがあったので、
書いてみることにしました。



Sponsored Links

北斗昌と佐々木健介が円満夫婦で羨ましい!その秘訣とは?

出典:
https://ameblo.jp/crystalchildrensomehow/entry-12066944124.html

 

北斗晶さんが普段やっていること

旦那さんの意見を尊重する


北斗晶さんが佐々木健介さんと良い関係を作れているのは、
旦那さんを尊重する面があるみたいです。





北斗晶さんって、元女子プロレスラーでなので、
きっと家でも佐々木健介さんと争っているんじゃないかと、
思っていたんですけど、全然そんなことはないようです。





佐々木健介さんは自分が所属するプロレス団体がなくなってしまって、
仕事がなくなってしまった時に、
そんな時でも北斗晶さんは無理に就職するように言わなかったとか。





そして、子供を出産したばかりの時期であるにもかかわらず、
自分が仕事をすることで家族を支えていたみたいなんです。





なんという優しい頼がいのあるお嫁さんなのでしょうか、、、





夫は仕事をして家計を支えるというのが一般的な考え方ですし、
夫が失業したら不安になってすぐに再就職させようとするお嫁さんが、
ほとんどではないでしょうか。




まして北斗晶さんは元プロレスラーなんですから、
夫が失業して他の仕事をしないようなら、
「毎日、何してるのよー!ヾ(`Д´*)ノゴルアー」と、
プロレス技の1つや2つはかけたくなると思います。




なのに、そうはしなかった。





この愛情の深さというか器の大きさは、
すごいですよ。




私も見習わなきゃって感じです。



家事に力を入れている


それと、北斗晶さんって言ったら、
料理が上手なイメージがありますね。





個人のブログで作った料理を時々アップされています。





まずは、親子丼。

出典:https://ameblo.jp/hokuto-akira/entry-12488237143.html


なんか、よさげなお店で出てくる親子丼定食みたいで、
美味しそうです。。。





次は、中華。

 

出典:https://ameblo.jp/hokuto-akira/entry-12393998211.html


こちらは中華の夕食らしいですが、
よく見るとフカヒレがあるじゃないですか。




品数も多くて、栄養のバランスもよさそうですし、
見るからに美味しそうで、
旦那さんも子供も喜ぶこと間違いなしですね。







最後はサムギョプサル。

 



出典:https://ameblo.jp/hokuto-akira/entry-12278776290.html


こちらは北斗晶さんのご友人を呼んで、
サムギョプサルパーティーをした時の写真です。




肉好きにはたまらないですね。
(佐々木健介さんは大喜びだったみたいです。)



ちなみに肉は全部で2キロあるらしいです。





また、北斗晶さんは
料理番組にも出演されるぐらいなので、
料理のレベルは相当なものなのでしょう。


 

旦那さんにとんでもなく愛情を注いでいる

出典:
https://geinoujin-eigo.com/%E5%8C%97%E6%96%97%E6%99%B6/




ここまで見てきても、
北斗晶さんはお嫁さんとしてめちゃくちゃ尽くしているだなぁ…
っていうことが伝わってきますが、
実は他の場面でも旦那さんに愛を注いでいるんですよ。




結構前の話で、
4年ぐらい前にスーパームーンが出た時に、
北斗晶さんは自分のブログでこんなことを書いているんですね。


この人が倒れませんように。


この人というのは、
もちろん旦那さんの佐々木健介さんです。




この時には北斗晶さんは、
乳がんの告白をしていたんですが、
普通だったら「病気がよくなりますように…」とか、
「元気になりますように。」と願うはずです。




しかし、夫の健康を願っているんですよ。




私はこれを知った時に、
感動して涙が出そうになりました。



まさに、嫁の鑑とはこのことだと思います。




このように北斗晶さんの良妻ぶりは素晴らしいですが、
実は夫の佐々木健介さんも相当なのものなのです。





次のページにつづきます!



Sponsored Links

コメントを残す