姑からのメールがうざい!無視しちゃってもいい?

今は誰でも携帯電を持っていて、
メールを使いこなすお年寄りも増えていますね。




姑とは電話番号だけでなく、
アドレス交換をしているお嫁さんも多いのではないでしょうか?




メールのメリットは相手の都合を気にせず
いつでも気軽に送れることです。





しかし、無遠慮にメールをガンガン送られて、
迷惑しているという声があることも確かです。




今回は、姑からのうざいメールの例と、
そんなメールを無視してもいいのか?
そしてメールを無視した後の良い言い訳はあるのか?についてまとめていきます。



Sponsored Links

姑からのうざいメールの例とは

返事に困る内容



友達などから日記のようなメールを送られて、
困った経験はありませんか?





「今日は○○食べたよ」とか、
「今××に来てます」とか、
「今朝から体調が優れなくて」とか…





自分から会話を膨らませる気もなさそうだし、
私にそんなことを言われてもって感じですよね。





一体どんな反応を期待しているのか謎です。





若い女の子にありがちだと思うのですが、
一方的な報告メールほど返信に困るものはありません。





大した用事もないのにかまって欲しくて、
メールされたら友達でも結構うざいものです。





それが姑対嫁なら間違いなくうざがられるでしょう。



一通一通が長い



メールを開いた時に長文が目に飛び込んでくると、
正直うんざりしませんか?





しかも一通の中に話題がいくつもあると、
返事を打つのも大変ですよね。





大きなことから小さなことまでつらつらと書き連ねるうちに、
つい長文になってしまうのでしょうか。






対面で会話しているのと、
同じような感覚なのかもしれません。





メールの内容はできるだけ簡潔に要点を
まとめて送ってほしいものです。




返事を催促してくる



これは本当に嫌ですね。





マイペースに返信できるのがメールの良いところなのに、
こちらの都合を無視して急かされると途端に面倒になります。





いつでも携帯を握りしめて待機していられるわけないし、
普通の人は仕事や育児で忙しくて、
それどころではありません。






よほど重要な急ぎの話なら仕方ありませんが、
雑談程度で返事を催促されても、
ひたすらうざいだけでしょう。






メールで催促してくるならまだいい方で、
酷いと電話をかけてきたり、
直接家を訪問してきたりする姑もいる
というからぞっとしますね。





では次に、姑から実際に送られてきたメールの実例を紹介します。



次のページにつづきます!

Sponsored Links

コメントを残す