結婚生活で生活費は分担するのがいい?共働きの場合は?

結婚して、いざ一緒に生活していくとなった時に、
生活費をどうするかはかなり大きな決め事だと思います。




今は共働きの世帯が増えているので、
生活費も分担するお家も多いのではないでしょうか。




そんな結婚生活におけるお金の管理について、
いくつかまとめていますので、参考にしてみて下さい。


Sponsored Links

結婚生活の生活費は?共働きの場合は分担する?


結婚生活の生活費は、結婚する前にある程度、
話し合っておくことをおすすめします。

 

 

 

 

 

もちろん、借金や趣味に多額に使っていることはないか?など、
お金のことはしっかりと、
お互いに話してから結婚して下さい。

 

 

 

 

 

たまに、結婚した後になって、
相手のお金の使い方や借金があった事で問題に気付いて、
それらが原因で離婚してしまうケースもあります。

 

 

 

 

 

そんな事にならないように、
結婚する前には心配な種をなくしておきましょう。

 

 

 

 

共働きの場合、生活費を分担している夫婦も多く、
例えば旦那さんが家賃や光熱費の引き落とし分で、
奥さんが食費や日用品、娯楽費などを負担している。





という感じで、引き落としのものと、
その都度必要なもので分けている方も多いようです。

 

 

 

 

 

こうすることで、引き落としにしているので、
毎月、支払いを忘れることもないですし、
どちらかに金銭的に依存するわけではないので、
協力して生活していると、実感できます。

 

 

 

 

 

どちらかが、負担してしまうと、
ラクではありますが、
自分が働かなくても生活できる。




となると、
ついつい、だらけてしまいますよね。

 

 

 

 

 

生活にメリハリができ、
自由に使えるお金が増えるのが共働きのメリットなので、
一緒に生活費を払う方がいいですね。

 

 

 

 

 

また、旦那さんの給料で生活費をまかない、
あとはすべて貯金して、将来や子供のため、旅行などの大きな出費の時のために…と、
奥さんの給料を別で貯金しておくような夫婦もあるようです。

 

 

 

 

 

こういった場合でしたら、貯金はしっかり貯まりますが、
毎月、いくら使ったかやいくら貯蓄できたかを
話し合う時間を作っておくといいです。

 

 

 

 

 

相手が知らないからといって、
こっそり貯金をしないで使ってしまっている場合もあるので、
お互いに把握する事が大切です。







それでは、次に結婚生活で必要になる生活費を上手に管理する方法を
実例を挙げながらお教えします。





次のページにつづきます!



Sponsored Links

コメントを残す