ママ友いじめのパターンまとめ

ママ友のいじめはどういったものが多いのでしょうか。



話を聞く限り、小さなことから大きな事まで、様々です。



どういったパターンが多いのか、まとめてみました。
ぜひ参考にしていただいて、ママ友のいじめにまきこまれなようにしましょう。



Sponsored Links

ママ友のいじめのパターンをまとめてみた!



ママ友のいじめには巻き込まれない事が一番ですね。



どういったパターンが多いのでしょうか。

 

 

1.挨拶をしてもしてくれない

これは小さな事ですが、挨拶をして仲良くなろうとしているのに、
仕返してくれないと、気分はよくないですよね。

 

 

明らかに顔を合わせているのに、
毎回スルーされたり、携帯を見られるようです。

 

 

 

 

2.ママ友とのランチに呼ばれない


呼ばれない方が気がラクな場合もありますが、
あえて呼ばれていないのに、
そのランチの話をみんなでいる時に話されると反応に困りますよね。

 

 

 

 

「どこのお店に行ったの?」と、
聞くのも話の腰を折ってしまいそうで嫌で…

 

 

 

 

3.悪口を他のママより聞いてしまった


悪口は、言うのも聞くのもどちらも嫌ですよね。

 

 

 

 

ママ友も、それを聞いてしまっても
「○○さん、あなたの事いってたわよ。」
と、言うのもどうなんだろう?と思いますが、
告げ口のように伝える人もいるようです。

 

 

 

 

おそらく、話をしている人も、
「この話が広まっても別に構わない。」と、
少しは思っているのだと思います。

 

 

 

 

自分が言うことで相手が嫌な気持ちになることなど、
どうでもいいのではないでしょうか。

 

 

 

 

年をとると、自分を優先する人もいるので、
自分の思う事を言ってしまい、
嫌な所などを他の人にも伝えてしまう方も多いです。

 

 

 

 

他のママ友はそんな事思っていないのに、
その話を聞かされると、「あの人ってそんな人なのかな?」と、
相手を疑うようになると思います。

 

 

 

 

 

4.子供への嫌がらせをされる


嫌われてしまったママ友から、自分の子供への嫌味が始まり、
「ママ、○○ちゃんのママから、こんなこと言われたよ。」
と、子供から聞くこともあるようです。

 

 

 

子供は傷つきやすいので、そういった悪口は聞かせたくないですよね。

 

 

 

 

また、他の子供の友達にも言われてるのではないかと、
心配になりますよね。

 

 

5.雑用等を押し付けられる


自分がしたくない事や、
大変な役員を「器用だから、○○さんに、お願いしたらいいと思う。」と、
言い出す人もいるので、本当に迷惑ですよね。

 

 

 

周りを巻き込んでみんなの前で言われてしまうと、
断りずらくなるし自分が発言する時に、
他の人も聞いているから、話しづらいですし。



他のママがこんな目にあっているのを見ると、
本当に腹が立ちます。


ママ友のいじめにはこんなパターンがあるわけですが、
最後にこれらについて思うことや面倒なトラブルにならないための振舞い方について、
お話しします。



次のページで最後です!



Sponsored Links

コメントを残す