中学受験でのママ友の嫉妬が恐ろしい…合格したら無視しとこう!

中学受験は昔はそこまで有名ではありませんでしたが、最近ではめずらしいことではなくなってきました。



小学校の中学年頃から、塾に通い始めて受験にむけた猛勉強をする方も増えてきています。



ママ友との会話でも、いつから塾に通わせるか、とか、
どこの中学校を狙っているのかなどが話題になったりしますしね。



すると、面倒くさいことに相手と同じ中学に自分の子だけ合格してしまうと相手の嫉妬にもあいやすいのです。
そうした時に気を付けたいことについてまとめました。


Sponsored Links

中学受験ではママ友達のライバルに!合格した時の嫉妬が恐い


ママ友は、本当にやっかいなものだなと感じるのは、
受験の合否が出た時です。

 

 

 

 

たまたま、子供同士が同じ塾に通っていたり志望校が同じだと、
ママ友同士がばったり会うと、
子供の偏差値の話になったり模試の判定結果になったりするものです。

 

 

 

 

そして、相手のほうが出来がいいと、
「すごーい。」と言いつつも、
目はぎらついて心の中では笑っていません。

 

 

 

 

「ママ友なのだから、そこまで敵視することはないのに。」
と、周りは思っていますが、
当事者たちは子供たち以上に相手をライバル視しているんです。

 

 

 

 

そのため、話し方も気を付けないと、
少しでも相手の気に障ってしまって、
すぐに周りに「あの人、子供のできがいいからってすぐ自慢してくるのよ。」
などと、言われかねません。

 

 

 

 

普段の会話は気を付けていても受験結果だけは、
ごまかしきれませんからね。

 

 

 

 

合格したらめでたいですが、
相手のママから聞かれるまでは黙っておきましょう。

 

 

 

 

女の嫉妬とは、すごく怖いものです。

 

 

 

 

ましてや、自分の子供の事となると、
それ以上にすごいので気を付ける必要があります。

 

というように、中学受験になるとママ友の関係が激化していくことも多いのですが、
その中身をもっと詳しく見ていきましょう。




次のページにつづきます!


Sponsored Links

コメントを残す