円満な夫婦関係を築くにはコレを欠かさないことが大事!

友達や知り合いの夫婦を見ていると、
「あ!あの夫婦いいな。」と、思う事ってありませんか?




実は、そんな円満な夫婦は関係を良く保つために、
“ある工夫” をしているようです。





そこで、今回は円満な夫婦が理想的な関係を築くために、
欠かさずにやっていることや日頃から心がけていることなどについて、
お話ししようと思います。


Sponsored Links

円満な夫婦が欠かさないこと



夫婦は、仲が良いに越したことはないですよね。

 

 

 

 

その方が、
子供にも家庭の雰囲気も良くなります。

 

 

 

 

ですが、仲良くしていたくても、
ついつい喧嘩してしまう事もあると思います。

 

 

 

 

そこで、
仲が良い夫婦が欠かさない事は何なのか?、
いくつか挙げてみます。

 

 

 

 

 

1.感謝の気持ちを忘れない

 

Aさん夫婦は結婚10年で、
子供は小学2年生の子が1人います。

 

 

 

 

家族みんな仲良しで、
夫婦もいつも一緒にいるようです。

 

 

 

 

子供が小学生なので、
そこまで手はかからないようですが、
習い事に通わせたり、
毎日の食事や洗濯などの家事は大変です。

 

 

 

 

それを奥さんが主にしているのですが、
旦那さんも帰ってきてからお風呂を掃除したり、
晩御飯の後片付けを手伝ってくれているようです。

 

 

 

 

その都度、
お互いが「○○してくれてありがとう。」と伝えていて、
感謝の気持ちを忘れないようにしているようです。

 

 

 

 

意識的に相手に感謝する言葉をかけるようにするだけで、
相手が気持ちよく生活できますよね。

 

 

 

2.その日にあった事を必ず話す

 

 

Aさん家族はみんな帰ってきたら、
その日にあった事を話すようです。

 

 

 

 

子供は「○○ちゃんと何して遊んで楽しかった。」とか、
「宿題するのを忘れていて怒られちゃった。」とか、
そういった事を必ず帰ってから、
すぐに話をするように決めているようです。

 

 

 

 

そのおかげで子供とのコミュニケーションもよく取れていて、
話を聞いてから「ママはこう思うよ。」と、
伝えるようにしているようです。

 

 

 

 

子供も自分の言いたい事を
最後までママが聞いてくれるから、
スッキリするようです。

 

 

 

 

旦那さんも帰ってきたら、
「今日○○でさ~」と話すようです。

 

 

 

 

お互い家事をしながらも、
会話をしてその日にあった事を
聞くようにしているそうです。

 

 

 

 

「そうなんだ。」とか「うんうん」と、
相づちを打ちながら、
聞いてあげる事で旦那さんも安心しているようです。

 

 

 

 

このように、毎日意識してその日の出来事を
話すというふうに決まりを作ると、
会話が減ることもなく大事な事を
伝え忘れてしまう事もないのでおすすめです。

 

 

 

 

3.ボディータッチを毎日する

 

 

Bさん夫婦は結婚20年もたちますが、
結婚当初とあまり変わらなく仲が良いようです。

 

 

 

 

二人が欠かさず毎日しているのが、
マッサージです。

 

 

 

 

二人共体力を使う仕事で、
寝る前には必ずお互いの腰や足を
マッサージしているようです。

 

 

 

 

 

その時に何気ない会話をしたりして
コミュニケーションもとれて、
夫婦が仲良くいれるそうです。

 

 

 

 

 

新婚当初のようにラブラブな感じが、
少しづつなくなっていってしまいますが、
マッサージをする事で相手とも触れ合えるし、
体もラクになるのでおすすめですよ。

 

 

 

 

時間がない時は出かけるタイミングにでも、
手を繋いでみたりするだけでも、
安心するのではないでしょうか。

 

 

 

 

相手と触れ合うだけで、
相手と近くなった気もしますよね。

 

 

 

 

意識的にボディータッチを増やしていくと、
夫婦関係も良好でいられるようです。

 

 

このようなことを欠かさずに行っている夫婦は、
上手くいっているとお話ししてきました。



この次は、話をもうちょっと掘り下げて、
そういうことを自然にできるようになるために、
どんなことを心がければいいのか?という考え方について
お伝えしようと思います。




次のページにつづきます!




Sponsored Links

コメントを残す