姑の作る食事がまずい!食べたくない時の断り方は?

あなたは料理に自信がありますか?



自信があるまではいかなくとも、「普通レベルにはできる」という人が多いのではないでしょうか。



しかし、その「普通」ができない人も世の中にはたくさんいます。




もし姑が絶望的に料理のセンスがない人だったら、食事のたびに憂鬱になってしまいますね。



今回は料理下手な姑の料理がまずい理由と、食事の断り方についてまとめていきます。


Sponsored Links


料理下手な姑の食事が口に合わない!なんでまずいの?


ベテラン主婦と言えば何となく料理上手なイメージを抱いてしまいますが、
必ずしもそうとは限らないものです。




女性であっても料理が苦手な人はたくさんいますし、
長年主婦をしていても一向に料理が上達しない人って案外いるようです。





まずはそんな料理が下手な人に見られるいくつかの特徴について見てみましょう。




そもそも味音痴


先天的なものなのか後天的なものなのか、
本当に味のわからない味音痴な人もごくまれにいます。





料理の味が濃すぎる、逆に味がしない、
なんていう極端な場合は味音痴の可能性が濃厚です。





そもそもの「おいしい料理」の基準が普通の人とは違うので、
自覚がないうちは改善も難しいでしょう。





味音痴な人がいくら味見をしても無意味なので、
自分のさじ加減でなくレシピの通りに作る
ということを徹底するくらいしか対策はありません。




料理の仕方が雑


料理の仕方が雑だと出来もいまいちになりがちです。





私の伯母の中に、
料理好きだけど性格が大雑把な人が一人います。





ある日、伯母の家で手作りの巻き寿司をご馳走になったのですが、
なんだか味にムラがあるしご飯がジャリジャリする…





後日また遊びに行った時に調理過程を見ていたら、
巻き寿司の味がいまいちだった原因がわかりました。





寿司酢は本来ならボウルなどに材料を先に混ぜて作っておくべきところですが、
伯母の作り方は違いました。




桶に広げたご飯の上から
直接酢をジャーッ、砂糖をバサッ、それをしゃもじで混ぜ混ぜ…
伯母曰く「混ぜれば一緒」だそうですが、それがまずくなる原因なのは明白です。




料理がまずい人は、
具材の大きさが揃っていなかったり、
分量がいい加減だったり、
火加減が適当だったりするかもしれません。




基本を守らず肝心なところで手を抜くと、
それだけで料理はまずくなってしまいます。


Sponsored Links

余計なアレンジを加えてしまう


カレーに〇〇を隠し味を入れるとコクが出るなんていうテクニックがありますね。





ところがその隠し味が全然隠れていない、
要は入れすぎなんてことを料理下手な人は平気でやらかします。




カレーなんて市販のルーを使って説明書き通りに作れば、
それだけでおいしいはずなのに、
余計なアレンジを加えたばかりに全くの別物になってしまうのです。




下手に手を加えずレシピ通りに作るということさえ守っていけば良いのですが、
なぜか料理のセンスがない人ほどアレンジをしたがるようです。




料理がまずくなってしまう原因としてはこんなところですが、
姑の作る食事があまりにもまずくて食べられない…
という家庭もあるんじゃないでしょうか。




実はそんな場合に、関係を悪化させることなく、
姑が作る食事をシャットアウトしてしまう断り方があるのです。



次に紹介するその方法を使えば、姑も「あらそう。」と、
まずい食事を作ることを諦めてくれるか、
改善が見込めるはずです。




次のページにつづきます!


Sponsored Links

コメントを残す