姑の作る食事がまずい!食べたくない時の断り方は?

姑の食事がまずい時の断り方は?食事を別にしてもいい?


いくら姑の料理がまずくても、
馬鹿正直に「まずいからいりません」なんて言ったら角が立つのは確実です。





料理以外はいいお姑さんなのだとしたら、
ここで関係に亀裂を生じさせるのも嫌ですね。





しかし、料理下手な人に限って自信満々に人にご馳走したがることも多いのが困りもの。





姑のまずい料理はどう回避したらいいのでしょうか?




姑の食事の断り方

出前や外食をリクエストする


姑の料理を食べたくない時は、
先手を打って出前や外食をリクエストしてしまいましょう。





「この前食べに行ったらおいしかったから、お義母さんにも食べてもらいたい」
などとうまいこと誘い出して下さい。





「今日は私たちがご馳走するから」なんて言うのもいいですね。





お財布的には痛いかもしれませんが、背に腹は代えられません。




姑に作らせず自分で作る



料理を姑が作るとまずいなら、
姑にまかせず自分で作ってしまいましょう。





「お義母さんもたまにはゆっくりして下さい」
なんて気遣うふりをして台所を借りてしまえばこっちのものです。





まずい料理を回避できるだけでなく、
良いお嫁さんとも思ってもらえるので、
案外悪くない方法かもしれませんね。




一緒に料理する・料理教室に誘ってみる


まずは姑と一緒に台所に立ってみましょう。





その時に料理の基本ができていない様子だったら、
料理教室などに誘ってみてはいかがでしょうか。





大手の料理教室でももちろんいいですが、
ちょっとお金がかかるのがネックです。





料金を抑えるなら、
公民館などで開かれている安価な教室もあるので、
ぜひ探してみて下さい。




失敗の少ないレトルトなどの料理を勧める


今時は具材を炒めて混ぜるだけの便利な料理のもとがたくさん売っていますね。





味付けが下手な場合はそういった料理のもとを活用すれば、
簡単においしく作れるようになります。





他にも焼肉や鍋料理など、
誰でも失敗しにくそうなメニューを選べば、
極端にまずい料理は回避できるかもしれません。




同居の場合は食事を別にするという方法も


もし姑と同居している場合は、
お互いの食事を別にしてしまうことを考えてはいかがでしょうか。




共働きも増えている今、生活のリズムが合わないからと、
親世帯と食事を別にしている家庭は結構多いものです。




「お義母さんに面倒をかけるのも悪いから」と姑に遠慮する体で料理を上手く断ってしまいましょう。




お片付けを通して幸せな家族生活を!

コメントを残す