姑の過干渉でストレスが爆発!離婚したくなる瞬間も!?

結婚してみたら姑が必要以上に干渉してきてうんざり!
そんな経験はありませんか?


姑はお嫁さんにとっては他人でも、旦那と親子である以上は関わらざるを得ません。


姑の干渉に大なり小なり悩まされているお嫁さんは多いことでしょう。



今回は姑が過干渉になる理由や、過干渉に対する対策についてまとめていきます。

Sponsored Links

姑はなぜ過干渉になるのか?

息子が可愛いから


いくつになっても子離れができていない姑って案外多いんですよね。



そういう姑は息子可愛さから夫婦のことにまで口出しをして、
お嫁さんにうざがられてしまうこともしばしばです。




暇さえあれば息子に会いたがって、
会えば常にべったりで、断ればアポなしで訪ねてきたり…




旦那だってもう大人の男性なのに、
あまりにも干渉が過ぎるとちょっと気味が悪いですよね。





たまには夫婦で過ごしたいのに、姑という邪魔者がいてはゆっくりできません。




母親にとって男の子は特別可愛いとよく言うので、そのせいなのでしょうか?




うちの夫は若い頃に地元を出て以来ずっと遠く離れているので、
姑はたまに会うと本当に嬉しそうにしています。




日頃から結構まめに連絡も取り合っているようで、
新婚当初はこの人マザコンなの?大丈夫かな?と心配になったものです。




やはり親にとって、子どもはいくつになっても可愛いものなんですね。

嫁のことが気に食わないから


とにかく「嫁」という存在が気に食わず、
何かと粗探しをしていじめてやろうという姑も存在します。





息子を奪った憎い相手として、
お嫁さんをライバル視している場合もあるかもしれません。




別居であっても連絡先を交換したが最後、
毎日嫌味攻撃を受ける可能性もあります。





今時は携帯電話から簡単に連絡をとれるツールがあるので余計にたちが悪いですね。




嫌な相手からしつこく電話やメールをしてこられたらノイローゼになってしまいそうです。


孫が可愛いから

我が子も可愛いけれど、
その子である孫は特別に可愛いという人が多いです。



特に初孫ともなると、
俗にいう孫フィーバー状態になって暴走してしまう姑は少なくありません。





育児に口を出してきたり、
こちらの都合などお構い無しに頻繁に訪問してきたりと、
お嫁さんを産後うつにしてしまうのもこのタイプです。




私の周りでも、
頼んでもいないのにかさばる育児グッズや趣味でない服を買ってこられて迷惑だ、
と言っている友達がいました。




可愛いのはわかりますが、孫はあくまでも息子夫婦の子ども。


でしゃばりすぎはトラブルのもとですよね。


Sponsored Links

姑の過干渉は嫁にとって大きなストレス


普通は他人が必要以上に家庭内のことに干渉することはありませんよね。



でも姑は違います。




お嫁さんにとっては他人ですが、旦那にとってはお母さんです。




他人であって他人でない、というなんとも厄介な立場にいるのです。



お嫁さんからすれば
「私は旦那と結婚したのであって、別に姑とは家族になりたくない」のが当然なわけです。




それなのにわきまえないタイプの姑は、
自分も当然家族の一員であると勘違いして干渉してくるのです。





夫婦として二人で生きていくと決めたのに、
外野である姑が横から口を出してくるなんて迷惑でしかありません。




「あなたたちの思うようにしなさい」と見守ってくれるような姑だったら、
本当にありがたいんですけどね。



次は姑の過干渉が行き過ぎたケースを紹介します。


嫁からしたら信じられないような話ですが、
実際にこんなことをしてしまう姑もいるのです。




次のページにつづきます!

 

Sponsored Links

コメントを残す