独身・無職の小姑の将来が心配…老後はどうなる?

旦那の身内に独身かつ無職の人間がいるとしたら、
多くの人は不安に思うことでしょう。



なぜなら将来的に自分たち夫婦や子供の負担になる可能性があるからです。



もし旦那の姉妹である小姑がそうであるとしたら、近い間柄なだけに不安は倍増しますね。



今回は、独身無職の小姑についてまとめました。



そんな小姑にはどんな事情があるのでしょうか?
そして将来はどうなるのか、自立させることはできるのかについても考えていきましょう。

Sponsored Links

独身・無職の小姑、何か事情があるの?



今時は女性も働くのが当たり前、
昔でいう家事手伝いの女性は珍しくなりました。




仕事にこだわらなければ働くことが難しいわけでもないのに、
どうして無職になってしまったのか不思議に思うかもしれません。




独身なうえに無職な小姑には一体どんな事情があるのでしょうか。



単なる甘え



特に深刻な理由はないけれど、
何となく働くのが面倒だからと実家に寄生している人です。





実家が特に金銭的に困窮していなければ、
娘可愛さについ甘やかして放置してしまう親は意外と多いようです。





娘の将来を思うなら早めに自立を促すのが本当の愛情だと思うのですが、
現状が心地好いがために現実逃避をしてしまうんですね。





いよいよ後がなくなってから焦っても取り返しがつかないので、
親子とも一刻も早く目を覚まさせる必要があります。




うつ病などの精神疾患



もともとは普通に学校に通ったり働いていた人でも、
一度精神疾患を患ってしまうと社会復帰は容易ではありません。





社会人として働くことはおろか、
外に出たり人と接することすらできなくなるのが、
精神疾患の怖いところです。





中には完治がほぼ不可能な疾患も存在するため、
これが原因の場合は病気と上手く付き合いつつ、
静かに生きていくしかなくなります。





病気が重症化してしまったら、
患者自身と家族の安全のために、
入院措置を取った方がいい場合もあります。




生まれつきの障がい



生まれつきの障害がある場合、
それが原因で働くことが難しい人もいます。





知的障がいや発達障がいがある人でも、
その人に合った教育や就労支援を受ければ働くことはできます。





しかし、幼少期から適切な療育を受けられないまま、
大人になってしまった場合は、
社会に適合するのが難しくなってしまいます。





親が子の障害に気づいてあげられなかったり、
気づいていても受け入れられなかったりして、
そのために障がい認定や教育の機会を逃してしまうことも珍しくはありません。





小姑が無職だったり独身だったりする事情としては、
こういったものがあるわけですが、
実際にそのような小姑が身近にいる場合はどうすればよいのでしょうか?



次はどうやって小姑が生活できるようにするかというお話です。



次のページにつづきます!


Sponsored Links

コメントを残す