ママ友で嫌われやすい人の特徴とは?エピソード付き

ママ友で、嫌われやすい人はどういった人なのでしょうか?



ママ友さんはいろんな人がいますが、
その中でも嫌われやすい人には共通する特徴があります。



それを知ったら「あ!こんな人いるわ」と心当たりのある人が、
一人二人は思い浮かぶんじゃないでしょうか。



そういった人を反面教師にして、
自分も同じようなことをしないように気を付けましょう。



また、そういったエピソードなどをいくつかまとめましたので、参考にしてみて下さいね。



Sponsored Links

ママ友で嫌われやすいの特徴は?


ママ友さんで「この人と仲良くなりたい!」と、思う事もありますが、
その逆で「この人、何て嫌な人なんだろう…」
と、感じてしまうこともあると思います。

 

 

 

 

人間なら誰しも好き嫌いはありますが、
誰かに嫌われる嫌な人というのは、
できるだけなりたくないですよね。

 

 

 

 

自分でも気を付けておくべきですが、
自分の周りにそういった嫌な人がいるのであれば、
その人をよく観察してなぜそうなってしまっているのかを理解する事で、
少し嫌な部分もましになったり、
自分もそんな風にならないように気を付ける事ができます。

 

 

 

 

では、嫌な人の特徴には、どういった事があげられるのでしょうか。

 

 

 

 

まず、よく聞くのが人の家庭の事情を知りたがる人です。

 

 

 

 

引っ越しをしてきたAさんは隣のBさんにも同じ年頃の子供がいたので、
「仲良くして下さい。」と挨拶にいったのですが、
「あなたのうちは、賃貸なの?」とか、
「ご主人は何をされているの?」
といったことを聞かれるようになったのです。

 

 

 

 

最初は、普通に答えていたようなのですが、
それが自分が知らないママにまで話が広まっていたのです。

 

 

 

 

その人は、「Bさんがあなたの話をしていた。」と言うので、
驚いてしまい、すごく嫌な人と感じたようです。

 

 

 

 

こういった事は本当によくあるので、
自分が話されて嫌な事は言わないようにしましょう。

 

 

 

 

というのも、「持ち家です。」と話しただけなのに、
「あの人は、賃貸の私に向って持ち家です。って自慢してきた。」
なんて、話を盛られたり、
そんな風に話していないのに相手の状況でいくらでも話が変わってしまうからです。

 

 

 

 

 

なので、もし話をするのであれば、
「それなりに大変だったけれど、ローンを組んでなんとか購入できた。」とか、
自分達が苦労した事も伝えておくと、
その人にも話が通じると思います。

 

 

 

 

ですが、あまり仲が良くない人には、
家の中の事はいわないほうがいいですね。

 

 

 

 

シングルマザーの人などは、
「どうして離婚したの?」など、
勝手に、シングル=離婚という前提で話を振ってきたりもするので、
安易に話してしまわないようにしましょう。

 

 

 

 

シングルの人はシングルで子育てしている事を回りに伝えておくのは、
気が引けるし色々と話しのネタにされたくないと感じてしまいますが、
逆に話をしておけば困った時には、
助けてもらえる場合もありますし気にかけてくれる人が現れたりします。

 

 

 

 

ですので、言いたくないと思う事も、
その逆もあるかもという事を頭のすみに入れておきましょう。

 

 

そして、もう1つシングルマザーの方の例をご紹介します。

 

シングルのAさんは、自分の仕事と子育ての両立が大変でしたが、
ママ友のBさんにシングルで育てている事を伝えていて、
子供が小学生にあがる時に、
Bさんから「よかったら、仕事が終わるまでうちで預かるよ。」と、いってくれたそうです。

 

 

 

 

BさんにもAさんの子供と同じ年代の子がいたので、
快く受けてくれてAさんは感謝でいっぱいだったようです。

 

 

 

 

子供が帰る時間に自分の仕事を終わらせるのは、
難しいのでそういった助けてくれる人がいるのは、
本当に心強いですよね。

 

最後にママ友の嫌な一面を現わす強烈なエピソードを紹介してみます。



次のページにつづきます!


Sponsored Links

コメントを残す