ボスママの特徴と対策について【因果応報エピソードもアリ】

ママ友との付き合いで問題になってくることの1つは、
ボスママとの付き合い方です。



普通のママ友ならそこまで気にしなくてもいいのですが、
ボスママとなると話は別になります。



引っ越した時など周りに知り合いがいない時には、
注意して付き合いましょう。




今回はボスママの特徴や対策についていくつかまとめましたので、参考にしてみて下さいね。


Sponsored Links

ボスママの特徴【地方のケース】



ボスママには様々なタイプがありますが、
地方の場合はすごく親切にしてくれるように感じます。

 

 

 

 

ですが、付き合っていくうちに、
色々と面倒な事に巻き込まれてしまったり、
影で自分の家庭の話を勝手に話されてしまう事があります。

 

 

 

 

地方ですと、何となくみんな優しくしてくれるイメージですが、
噂や悪口というのは、どこにいっても好きな人はいます。

 

 

 

 

そして、ボスママのような存在の人が、
PTAの会長などの役員をしている事も多くて、
ないがしろにはできない状況です。

 

 

 

 

そんな人とは特に上手く付き合わないと、
他のママ友ともうまく付き合う事ができません。

 

 

 

 

引っ越しをした時などは、
一番にそういった人に挨拶に行くといいですね。

 

 

 

 

近所の人や同じ学校のママにも注意した方がいい人など、
それとなく確認しておくといいですね。

 

 

Sponsored Links

 

ボスママの特徴【都市のケース】




都市ではこんな人がボスママというのはないのですが、
いろんなタイプのママ友がいるので、
ママ達の様子を注意して見てみるとよいです。







この人には誰もが気を遣っているような素振りをしていたり、
この人にだけは他の人と態度が違うように見える人がいれば、
その人がボスママの可能性が高いです。

 

 

自分の子供が通う幼稚園や学校は、
どんなママがいるのかも確認しておくと、
安心だと思います。

 

 

 

 

私立の小学校などに通わせるとなると、
それなりに収入のあるお家の方も多いので、
ママ友も受験や服装、習い事などにうるさい方もいると思います。

 

 

 

 

集まりや、行事の時などは、気をつけましょう。

 

 

 

 

都市部になると、
服装にも注意してジャージなどでは出歩かないほうがいいですね。

 

 

 

 

スェットででかけていたママが、
他のママから、「ヤンキーみたい。」と、
陰で悪口を言われる事もあると聞いたりします。

 

 

 

 

服装は、気を付けるだけでも、
大分印象が変わるので注意しましょう。

 



それでは次は、ボスママのケースとして最も厄介なセレブなボスママの特徴をお伝えします。





次のページに続きます!



Sponsored Links

コメントを残す