夫婦で寝室が別だと離婚しやすいの?別室にするメリットは?

夫婦でも別の寝室で寝ている人たちって、
意外といますよね。




その人たちが別々の部屋で寝ているのは、
何か事情があってそうしているわけですが、
夫婦が別々に寝るようになると不仲になるんじゃないかと、
不安になる人もいると思います。





そこで今回は、別の寝室で寝ている夫婦は仲が悪いのか?
ということや離婚してしまいやすくなるのか?という話を
してみました。





Sponsored Links


夫婦で寝室が別な場合は不仲になる?離婚する方が多いのは本当?



寝室が別だからといって、
離婚の理由にはなりませんが、
寝室を別にしない方が仲良く暮らせるのは、
確かにあります。

 

 

 

 

 

お互い、共働きの夫婦の場合いは、
なかなか顔を合わせる時間がとれないので、
寝室を一緒にしているだけでも、寝る前に話ができたり、
寝顔を見ることができます。

 

 

 

 

 

そういった所で、
安心したり、ボディータッチも増えると思います。

 

 

 

 

 

 

寝室を別にしていると、
なかなか、相手と触れ合う機会も減ってしまいますので、
特にこだわりがないのであれば、一緒に寝るのがいいですね。

 

 

 

 

 

 

中には、寝室を別にしたせいで、
セックスレスに繋がり、離婚してしまった、、、
なんて、ケースもありますしね。

 

 

 

 

 

それが全てではないですが、同じ空間で一緒に寝るのは、
夫婦で生活していると、実感できますので、
寝室を一緒にしておく事をおすすめします。

 

 

Sponsored Links

 

夫婦で寝室が別な場合のメリットは?




夫婦で、寝室を別にしている方に話を聞いてみると、
メリットがいくつかありましたので、紹介します。

 

 

 

 

 

1.いびきを気にせず眠れる



1つ目はいびきがうるさくて寝れなかったけど、
寝室を別にする事で、ぐっすり寝れるようになった
というのがあります。

 

 

 

 

 

「いびき」は、先に寝てしまえば、気にならないのですが、
もし、眠れない時などは相手のいびきが原因で、
さらに眠れなくなってしまうのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

うるさいな、、、。と、感じていても、
相手はぐっすり眠っているので、
起こすわけにもいきませんよね。

 

 

 

 

 

 

鼻をつまんでみるといいそうですが、
それも一時的なものらしいです。

 

 

 

 

 

 

 

いびきに悩ませられている夫婦は多いですが、
寝室を思い切って別にすることで、
ぐっすり眠れるようになります。

 

 

 

 

 

 

しかし、相手との距離を感じてしまったり、
そもそも、家の部屋数が少ない方には、
おすすめできません。

 

 

 

 

 

2.夫と生活スタイルが違う方には、おすすめ



例えば、夜勤がある仕事をしている方にとったら、
夜勤明けは、朝に帰り、そのまま眠る
という生活スタイルの方もいると思います。

 

 

 

 

 

さらに、寝室が一緒だと、
相手の目覚まし時計の音や生活音で、
熟睡できない、、、なんて方もいるはずです。

 

 

 

 

 

夜勤明けで、目が冴えてしまっている方には、
小さな物音でも気になりますよね。

 

 

 

 

 

 

相手を送り出してから、
熟睡するのであれば、一緒の寝室でも問題はないですね。

 

 

 

 

 

 

3.夫が夜遅くまで、起きている

 

 

 

相手が夜型の生活だと、
次の日の朝が早くても、
遅くまでゲームをしている方もいるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

また、「早く寝てよ。」と、言っても、
なかなか寝てくれない方や、
ゲームの音や電気が気になる方も多いと思います。

 

 

 

 

 

夜は早く寝る方が、体にも精神的にもいいのですが、
なかなか難しい、、、。と、いう方には、
寝室が別だと、助かりますよね。

 

 

 

 

 

 

3.電気をつけて寝たい派 vs 真っ暗で寝たい派。

 

 

このケースも、多いと思います。

 

 

 

 

 

電気はつけておかないと恐くて眠れない
という方は意外と多いです。

 

 

 

 

 

ですが、電気がついているとまぶしくて、
熟睡できないという方の意見も、
ごもっともです。

 

 

 

 

 

そんな時は、寝室が別ならラクですが、
どうしても寝室を別にできない場合には、
アイマスクを利用したり、相手の顔の近くだけライトをおいておく
など、何か工夫をしないといけないですね。

 

 



最後に別の寝室で眠る時のデメリットもお話ししておこうと思います。





次のページにつづきます!




Sponsored Links

コメントを残す